USA NATIONAL SURF TEAMが下田を訪れました。


下田市・東京五輪ホストタウン事業としてアメリカのナショナルサーフィンチームが下田を訪れました。


写真左から米国サーフィンチームの最高責任者「グレッグ・クルーズ氏」とアメリカオリンピック委員会日本駐在員のジョン・オオモリ氏。

第40回黒船祭サーフィンコンテスト開催中の多々戸浜でUSA NATIONALサーフチームの”Jordy Collinsさん”と”Kevin Schulzさん”が華麗なサーフィンを披露しました!

Jordy Collins

Kevin Schulz

また地元の中学生を招き、体験教室を開きました。
サーフィンの指導をしたのはアメリカのトップサーファー「ジョディー・コリンズさん」と「ケビン・スクールズさん」。

教えを受けたのは下田中学校の生徒2人。選手の指導で初心者の生徒もすぐに波に乗ることができ、ハイタッチで喜びを分かち合っていました。

教えを受けた生徒2人には、選手からチームの記念メダルが贈られました。

心温まるアメリカ選手と地元の生徒とのサーフィン文化交流となりました。

2018年下田市はアメリカ合衆国・サーフィン競技の東京五輪・パラリンピックのホストタウンとして登録されました。